2017年03月24日

模型

最近はCLTを用いたトイレの構造設計を行っています。

構造計算をするにあたり構造が複雑なため普段はめったに作ることのない模型を作製しました。

二次元の画面上でなく模型は三次元で表現されているのでCADを用いるよりも建物の構造や部材の位置を

より早く容易に認識することが可能でした。

デジタルでなくアナログのほうが勝ることもあるんだと強く感じました。

https://blog.sakura.ne.jp/cms/asset_proxy/a/dollar.sakura.ne.jp/sblo_files/dollar01/image/DSC044495B15D-thumbnail2.JPG?1490320060801
https://blog.sakura.ne.jp/cms/asset_proxy/a/dollar.sakura.ne.jp/sblo_files/dollar01/image/DSC044755B15D-thumbnail2.JPG?1490320733333
posted by 西建築設計事務所 at 11:03| Comment(0) | 日記

2016年11月04日

笠岡諸島 真鍋島

先日、笠岡諸島の真鍋島という島に現地調査に行ってきました

真鍋島は笠岡港から高速船で40分ほどの所にある島です。

船を降りるとねこさんがお出迎えしてくれる、のどかな場所です。
DSC02435.JPG

そんな島にある木造の中学校を調査しました。

港から5分ほど歩くと、石垣の上に木造の校舎が!

なかなか迫力のある景色です。
DSC03256.JPG
真鍋中学校

映画のロケ地にもなったこの中学校は、真鍋島の中でも観光スポットとなっているようです。

現地調査ではさすが昭和24年に建てられただけあって、

劣化も目立っているようですが、

木の感じや、歩く時の廊下の音は風情があります・・・

この中学校がこれからも使われていくといいなぁと思った現地調査でした。






posted by 西建築設計事務所 at 14:01| Comment(0) | 日記

2016年02月05日

耐震診断・耐震改修

今日は耐震診断の委員会です。
といっても報告書を提出する側ではなく、委員として審査する側です。
岡山県建築士事務所協会の耐震診断評価委員会では鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造を扱っていますが今日は木造の委員会です。

ところで岡山県の耐震化率は、調査にもよりますが47都道府県中だいたい40位〜43位という芳しくない状況です。
日本は地震国で『いつ』、『どこ』で大地震が起きてもおかしくありません。
ただ岡山県は地震や台風といった自然災害が少ないところです。
そのおかげで暮らしやすい街ですが、一方で地震に対する危機感が薄くなりがちです。
岡山県の耐震化率が全国に比べて低い理由の一つだと思います。
居住者・利用者の人命を守るのは建物の機能のうちでも最も基本的な機能です。
そのためにも公共建築物だけでなく住宅にも耐震診断・耐震改修が普及していく必要があります。

西建築設計事務所
posted by 西建築設計事務所 at 16:06| Comment(0) | 日記